賃貸トラブル(家主編)賃貸トラブル(貸借人編)不動産登記商業法人登記相続・遺言・後見離婚・親権
あやちゃん先生のひとり言 太田垣章子 (おおたがきあやこ) 覚悟の瞬間(とき):やりたいことを極めた大人がカッコイイお問い合わせ

業務内容

不動産登記

HOME > 業務内容 > 不動産登記

相続登記・住宅ローン設定・担保抹消・贈与・売買等
大切な貴方の権利を守るために、お気軽にご相談ください。

よくある質問

住宅ローンを完済しました。金融機関から書類をもらったのですが?

担保の抹消登記をしなければなりません。金融機関の資格証明書の有効期限がありますので、早い目にご相談ください。

婚姻生活が20年を過ぎました。妻に不動産の名義を移すのに贈与税がかからずできる方法があると聞いたのですが?

居住用の土地・建物に関して2,000万円まで贈与税がかからず、移転の手続きをすることができます。細かい点が残りますので、ご相談ください。

亡くなったおじいちゃんの土地がそのまま残っています。 どうしたらいいのですか?

登記の申請をするかどうかは個人の自由なのですが、相続が次々に発生していくと手続きが複雑になってきますので、できるだけ早い段階で登記の申請をすることをお薦めします。

家を増築したのですが、登記はしなくてもいいのですか?

増築をしたとしても、登記の申請が必要です。

父が亡くなった後、相続登記をする前に母も亡くなってしまいました。

数次相続が発生したことになります。お母さんがお亡くなりになる前に分割協議がなされていたかどうかによって手続きが変わってきます。

農地を売却したいのですが。

農地の売買には農地法の許可書が必要になります。

会社を解散したのですが、会社名義の不動産の名義を変更し忘れていました。

会社が清算結了前に不動産を売り渡し、その登記が未了だった場合には、元清算人が登記の申請手続きをします。

夫婦共有の名義にするはずが、夫単有の名義で登記されてしまいました。どうしたらいいですか?

更正登記が必要です。ただし前所有者に協力してもらう必要がでてくる可能性もありますので、ご相談ください。 更正登記ができない場合、真正な登記名義の回復という手続きもあります。

現実には管理組合で所有する不動産を個人名義で登記していたところ、間違って相続登記をしてしまいました。

現実には相続財産ではないので、錯誤で抹消して委任の終了で新しい管理組合の代表者の名義に変更する必要があります。

私の兄弟に養子にいった弟がいます。父が亡くなったのですが、養子にいった弟にも相続権はあるのですか?

養子にいった方にも相続権はあります。養子になったからといって、実親との親子関係が消滅するわけではありません。ただ特別養子縁組の場合は、実親との親子関係が消滅しますから、この場合には相続権はなくなります。

親が亡くなったので遺産分割協議をしたいのですが、兄弟で行方不明の者がいます。

場合によっては失踪宣告の手続きをすることが考えられます。不在者財産管理人を選任して、その者と分割協議することもできます。

不動産を売却することになりました。権利証が見つかりません。売却の手続きはできますか?

はい、できます。 この場合、司法書士が本人であることを確認して書類を作成し、登記の申請をすることができます。

不動産の購入時から住所を何度か変更しました。

住所が変更した場合や、婚姻等で氏名が変更した場合には登記の申請が必要です。