賃貸トラブル(家主編)賃貸トラブル(貸借人編)不動産登記商業法人登記相続・遺言・後見離婚・親権
あやちゃん先生のひとり言 太田垣章子 (おおたがきあやこ) 覚悟の瞬間(とき):やりたいことを極めた大人がカッコイイ 大阪事務所の日常お問い合わせ

業務内容

相続・遺言・後見人

HOME > 業務内容 > 相続・遺言・後見

元気なうちに、将来のことを準備しておきたい。任意後見を中心に安心した老後を支援いたします。

また、遺言書作成、相続登記等も行っています

よくある質問

遺言書は書いていた方がいいのでしょうか?

遺言書は絶対に書いておいた方がいいです。

遺言書を書きたいのですが、難しいですよね?

遺言書は最期のメッセージ、お手紙です。気持ちを自由に書けばいいのです。難しく考えることはないですよ。

遺言書にはいろんな種類があると聞いたのですが。

大きくは、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。後々のことを考えると、公正証書遺言をお勧めします。

認知症になると、自分の財産の管理ができないので心配です。

そんなために任意後見手続きをお薦めします。自分の意思で、自分の認知症等になった後のことを公正証書で残しておきます。

任意後見ってどんなことを決めるのですか?

これも自由なのですが、一般的には財産の管理をどうするか、自分がどんな余生を過ごしたいのかを明記し、その通りにしてもらいます。 また予め自分の信頼をおいている人を後見人に指定しておくこともできます。

認知症ほどではないのですが、年をとると、いろんな法的手続きが面倒です。

任意代理を利用できます。これは予め特定のことに対して代理権を与えておくというものです

任意代理手続きをしても、気が変わったら困ります。

これは手続きを解除することもできますから安心ですよ。

父親が認知症になってしまいました。預金の引き出しができず困っています。

法定後見の手続きを取らねばなりません。