賃貸トラブル(家主編)賃貸トラブル(貸借人編)不動産登記商業法人登記相続・遺言・後見離婚・親権
あやちゃん先生のひとり言 太田垣章子 (おおたがきあやこ) 覚悟の瞬間(とき):やりたいことを極めた大人がカッコイイお問い合わせ

業務内容

賃貸トラブル(貸借人編)

HOME > 業務内容 > 賃貸トラブル(貸借人編)

よくある質問

賃貸借契約書に「賃借人は賃貸借契約終了の際には、賃借物を現状に回復して返還する必要がある」と記載されています。この「現状に回復する」とは、どういう意味ですか?

賃借人が設置した物を取り除くということです。賃借人の原状回復義務はそれで足り、古くなったものを新しい物に交換するなどの義務はありません。

賃転勤に伴い、賃貸マンションを明渡しました。敷金はすぐに返してもらえますか?

敷金は賃貸借契約期間の賃料滞納分等の担保という意味があります。退去後精算が行われ、その後に返金されます。通常は1ヶ月を目安としましょう。

敷金が返金されるどころか、いきなり修繕費を支払えと家主から請求書が届きました。支払わねばなりませんか?

請求書の内容や修繕の費用負担がどうなっていたかが問題です。すぐに支払わず、その請求書をもって相談してください。

更新の時期に、いきなり更新料を請求されました。契約書には何の記載もありません。

更新料とは、土地・建物の賃貸借契約が更新されるときに、賃料とは別に更新の対価として家主に支払われる金銭のことです。あらかじめ契約書に更新料支払いの特約がなされてないなら、支払う義務はありません。

隣の部屋の入居者が夜遅くまで騒ぎます。どうしたらいいですか?

家主は対価として賃料をもらい、代わりに賃貸物件を使用させる義務を負います。日常の生活が困難なぐらいなら、家主に止めさせるよう請求しましょう。

最近は明渡した後、リフォーム代の請求をされたりとトラブルが多いと聞きました。そんな争いにならないために、どんな準備をしておいたらいいでしょうか?

まず賃貸借契約を締結する際に、きちんと契約書を読んでください。そして疑問があれば、必ず納得するまで質問しましょう。 あとは鍵の引渡しの際に仲介業者さんたちの立会いもと、内部の写真をきちんと撮影しておくことです。それから退去のときにはきれいに掃除し、明渡しには必ず家主側に立ち会ってもらい内部の確認もしましょう。 そのときにも写真を撮っておけば万全です。あとから請求書がいきなり届かないよう、その場で修繕個所の確認と、費用負担の確認をしてください。